初期設定の方法

加入者サイトの初期設定のご案内

初期設定とは、確定拠出年金制度開始の準備段階として、ご自身の登録情報の一部(メールアドレス・FAX番号等)の追加と掛金の配分割合の設定(変更)を行う作業です。

初期設定は次の1~5のステップとなり、各設定ページへは上部のメニューより移動することができます。
(各ページの操作方法はメニューの「ご利用方法」をご参照ください)

Step 設定作業 内容
1 パスワードの変更 初期パスワードを任意のパスワードへ変更
2 加入者情報の確認・変更 ご自身の登録情報を確認・変更
3 掛金の配分割合 月々の掛金の配分割合を設定登録・変更
4 移換金の配分割合 移換金の配分割合を設定登録・変更
5 制度移行金の配分割合 制度移行金の配分割合を設定登録・変更
  • ※ Step 3は運用指図者の場合は必要ありません。
  • ※ Step 4は移換金(他の確定拠出年金等からの移換資産)がある方のみ、設定が必要です。
  • ※ Step 5は制度移行金(退職手当年金や厚生年金基金からの移換資産)がある企業型年金の方のみ、設定が必要です。個人型年金の場合は必要ありません。
  1. パスワードの変更
    セキュリティ向上のため、必ず初期パスワードを変更してください。なお、パスワードは6桁から15桁の半角英数字であることが必要です。設定したパスワードは忘れないようご注意ください。

    画面

  2. 加入者情報の確認・変更
    パスワード変更後、ご自身の登録情報を確認し、追加情報を登録していただきます。追加情報には携帯電話番号・メールアドレス・FAX番号等、企業型年金では勤務先情報として所属部署名・役職名などが含まれます。
    本サービスについての各種ご連絡をさせていただくことがございますので、メールアドレスを設定してください。

    画面

  3. 掛金の配分割合
    掛金の配分設定や変更を行っていただきます。例えば、月々の掛金額が10,000円の場合、その10,000円を選択可能な(規約で定めた)運用商品の中から選択して配分設定します。もし、A預金とB投信に半分ずつ配分し運用したいのであれば、「A預金=50%、B投信=50%」という設定となります。

    画面

  4. 移換金の配分割合
    移換金(他の確定拠出年金等からの移換資産)がある場合には、その移換分についても、同様の設定を行う必要があります。基本的な考え方は、「3.掛金の配分割合」と同様であり、移換資産分をどの商品で運用するかを設定します。

    画面

  5. 制度移行金の配分割合
    (勤務先企業で他年金制度からの移換が制度開始時に行なわれる加入者様のみ設定)
    勤務先企業での他年金制度(厚生年金基金等)からの移換分が制度開始と同時にある場合には、その移換分(制度移行金分)についても、同様の設定を行う必要があります。基本的な考え方は、「3.掛金の配分割合」と同様であり、移換資産分をどの商品で運用するかを設定します。

    画面

ページの上へもどる

ウインドウを閉じる