SBI ベネフィット・システムズ  
ホーム サービス 個人型年金の活用 接続先金融機関 法令・ツール 会社概要 お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 

個人型年金の活用
確定拠出年金の位置付け
日本における年金制度は、国民年金(基礎年金)、国民年金基金、厚生年金保険、確定給付型年金、退職等年金給付と確定拠出年金より構成されており、それぞれの対象者が以下のように分かれる階層状の制度となっています。
個人型年金は、国民年金第1号、第2号、第3号の全ての方が利用できる位置づけの年金制度となっています。
確定拠出年金の位置付け
※1 「確定給付型年金」とは、厚生年金基金、確定給付企業年金および石炭鉱業年金基金を指します。
※2 「退職等年金給付」とは、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合の、私立学校教職員組合の加入者・加入員の3階部分の年金制度です。
第1号被保険者(国民年金)
国内居住20歳以上60歳未満の自営、農業漁業従事者(除農業者年金被保険者)及びその配偶者、学生、無職
第2号被保険者(厚生年金)
1号
下記2-4号以外の民間被用者等
2号
旧国家公務員共済組合長期組合員
3号
旧地方公務員共済組合長期組合員
4号
旧私学共済長期加入者
第3号被保険者(1号・2号以外)
20歳以上60歳未満の第2号被保険者の被扶養配偶者


 © SBI Benefit Systems Co.,Ltd. All Rights Reserved.