社会福祉施設「従事者DCプラン」

中小規模の法人でも制度設立できる確定拠出年金制度は、社会福祉法人に最適な制度です。

社会福祉施設従事者DCプランは、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが運営する社会福祉法人専用の確定拠出年金(DC)プランです

社会福祉施設従事者DCプランは社会福祉施設に従事する役職員のための企業年金制度です。希望者のみが加入する選択制の制度設計となります。*掛金は非課税、社会保険料の対象からも外れ、有利に老後の年金資金を準備することができます。


*税金は掛金額に応じて負担軽減されますが、社会保険料は掛金額に応じて決定される「標準報酬月額」の変動による標準報酬等級のダウンによって起こりえるものです。従って、加入者の収入と掛金額によっては効果が表れない場合もあります。 また標準報酬等級のダウンにより将来支給される老齢厚生年金の額が減少する可能性があります(老齢基礎年金には影響ありません)。

社会福祉振興・試験センターが金融機関に代わり運営管理機関を務めることで、職員の人数規模に関係なく制度の導入が可能となりました。社会福祉施設従事者および役員が対象となります。

プラン概要はこちらの動画でも確認できます。ぜひご視聴ください。

社会福祉施設・事業所従事者向け確定拠出年金(選択制)説明資料 

老後資金のオトクな貯め方 

資料請求はこちら